Vol.07 卒業生インタビュー / 伊藤 安那さん

人間性が演技に表れる誠実な俳優をめざして。

伊藤 安那さん
文学座 演技部
総合文化学群(現:芸術文化学群) 演劇専修 2009年3月卒業

桜美林大学で出会った先生の教え

俳優は人格者であるべし。桜美林大学で出会った演出家の先生方の教えです。舞台の主役は俳優だけでなく、裏方さんも含めたスタッフ全員。どれだけ演技力があっても、ともに作品を作り上げていく仲間であるスタッフや共演者を気遣えない俳優は、優れた俳優とは言えません。全く違った人間の「人生」を演じながら、自身が歩んできた「人生」もにじみ出てしまう。それこそが演技の醍醐味です。

桜美林大学で出会った先生の教え

50人以上のキャストの中で主演

現在稽古中の舞台『ロミオとジュリエット』では50人以上のキャストの中で主演を務めます。14 世紀のイタリアで悲恋に散ったジュリエットの人生を、21 世紀に生きる私が演じることで、どんな表現が生まれるのか。その答えを、舞台上で見つけます。

50人以上のキャストの中で主演

卒業生インタビューをもっと見る

  • Vol.01 Keisuke Iida 飯田 啓介さん 小田急百貨店 勤務
  • Vol.02 Ayana Sakagawa 坂川 綾那さん よしもとクリエイティブ・エージェンシー 勤務
  • Vol.03 Ryota Nomura 野村 亮太さん 博報堂 勤務
  • Vol.04 Kyoko Sugaya 菅谷 京子さん 大和証券株式会社 勤務
  • Vol.05 Yo Tanaka 田中 葉さん 日本航空株式会社 客室乗務員
  • Vol.06 Mika Tsunoda 角田 美香さん ワタベウェディング株式会社 勤務
  • Vol.07 Anna Ito 伊藤 安那さん 文学座 演技部
  • Vol.08 Kazushi Kobayashi 小林 知史さん 全日本空輸株式会社 勤務
ページTOPへ