自分探しに行く1日

進路&大学研究応援イベント 自分探しに行く1日

「3つのプログラム」から自分のミライを見つけよう!

2018.8.19 SUN 10:00〜15:00

高校1・2年生向け

会場:桜美林大学町田キャンパス アクセス

予約不要 / 参加費無料

参加のお申し込みは不要です。
当日のプログラムに合せて好きな時に来て、好きな時に帰れます!

パンフレットを見る(PDF)

PROGRAM

自分のミライを見つける「3つのプログラム」と、
桜美林大学のことを知る事ができる「プログラム」を開催!

●大学や学部選択の考え方セミナー

10:00〜10:45 / 12:00〜12:45 / 14:00〜14:45※いずれの回も同じ内容です

大学や学部はどうやって選択するのがいいのでしょうか?大学名や偏差値で選択?それとも…?高校1・2年の時だからこそじっくり考える機会にしてみてください!

マイナビ×桜美林大学 コラボ企画

●ミライガク in 桜美林大学

10:00〜10:45 / 11:00〜11:45 / 12:00〜12:45 / 13:00〜13:45 / 14:00〜14:45

※ミライガクは5つの時間帯で10プログラムのいずれかが開催されます。各プログラムの開催時間や教室については当日のプログラム案内でご確認ください。なお、各回のプログラムは同じ内容となります。

「グローバル」「人の役に立つ」「IT・スマホ・SNS」をテーマに桜美林大学の講師陣10人がさまざまな専門分野の視点からアプローチ。将来、大学で学びたい学問領域に出会えるチャンス!

  • 【01】IoTでできること-身近なモノ×インターネットをデザインしてみよう-

    IT・スマホ・SNSリベラルアーツ学群 教授 / 森 厚

    今、注目されている IoT とは、モノと人が、また、モノとモノとがインターネットでつながることです。とはいっても、わかりにくいですね。そこで、今回はその場で作って実演します! IoT は簡単に実現できる技術となりました。そして、 IoT は人の役に立つ技術です。沢山の可能性がある技術でもあります。だからアイデアが必要です。どんな IoT を実現したいか、みなさん自身で考えてみませんか?

  • 【02】都路プロジェクト:福島原発被災地の復興支援-自分たちにできることって何だ-

    人の役に立つリベラルアーツ学群 教授 / 牧田 東一

    福島第一原発から20~30キロ圏内に福島県田村市都路はあります。既に、放射能値は下がって安全になっていますが、人口は半分にも戻っていません。都路の未来は数少ない子どもたちにかかっています。そこで、未来の都路の町づくりを、子どもたちが大人たちと一緒に考える機会を作ってみようと思います。東京にいる私たちにできることはそういうことではないのかと思います。みなさんも一緒に考えてみませんか。

  • 【03】ニーハオ!中国語から日中異文化理解へ

    グローバルグローバル・コミュニケーション学群 准教授 / 李 貞愛

    近年日本を訪れる人が多くなりました。それも北京から、上海から、香港から。街を歩いても、ふりむけば中国語。それぐらい中国は身近に感じます。しかし、“老婆”は「老婆」ではなく「奥さん」、“好人”は「好きな人」ではなく「いい人」。こうしてみると中国は少し遠く感じます。言葉の違い、文化の違い、価値観の違いを知るととても面白いです。ぜひ中国語を通して日中異文化の世界を覗いてみましょう!

  • 【04】答えのない課題にどう挑むか-英語を学ぶその先へ-

    グローバルグローバル・コミュニケーション学群 助教 / 山崎 慎一

    みなさんは高度にグローバル化が進んだ社会の中で生まれ、あらゆる物事が国境を越えるのが当たり前の生活を日々送っています。しかし、多種多様な人々と接する機会が増えることによって、社会の抱える課題は複雑かつ高度化し、語学力以外のさまざまなスキルが求められます。今回はコミュニケーションを中心としたスキルを用い、これらの課題を解決する方法を考えていきましょう。

  • 【05】ワールドカップで学ぶ(グローバル)経営

    グローバルビジネスマネジメント学群 教授 / 齋藤 泰浩

    FIFAワールドカップロシア大会が終わり1カ月が経過しました。みなさんも日本代表の健闘を応援したのではないでしょうか。今でも素晴らしいプレーがいくつも頭に浮かんできますが、さまざまな多国籍企業がかかわるワールドカップは企業戦略などを考えるうえでも興味深いイベントです。身近な話題を通して経営学を学んでみませんか。

  • 【06】調査結果や数値データを用いて、実際にあるお店の経営戦略を大学生と一緒に考えてみませんか

    IT・スマホ・SNSビジネスマネジメント学群 教授 / 坂田 淳一

    人口の減少や高齢化の進展は速く、深刻な社会問題に発展しています。今、企業や個別店舗には、これらの変化に対応できる柔軟な経営スタイルが求められています。今回は実際に存在するお店のアンケート調査結果やレジデータを用いて、参加する高校生のみなさんに目玉となる新しいメニューを考えてもらい、それによる新たな顧客層の開拓案や戦略を作っていただきたいと思います。高校生のみなさんだけではなく、これらについて、実際に日々検討をしている大学生と一緒に考えていただきたいと思っています。

  • 【07】共感してる?-体験しよう、人を支えるはじめの一歩-

    人の役に立つ健康福祉学群 教授 / 福田 潤

    自分の思いに誰かが共感してくれた時、誰もがうれしいし安心します。共感してくれる人がいることが幸せと言っていいでしょう。共感できる人が人を支えれる人。そこで、いつもと違う共感を体験してみよう。クレヨンなど身近な素材を使って、気楽にちょっと落書きしてみると、意外な発見がそこから生まれます。多くの福祉の現場に広がり始めている、アートワークによる新しいコミュニケーションを一緒に体験してみませんか?新しい福祉だけでなく、新しい自分が見えてくるかもしれません。

  • 【08】子どもの表現の育ちを支える保育者の役割-「音の出るおもちゃづくり」を通して考えてみよう-

    人の役に立つ健康福祉学群 准教授 / 木村 充子

    子どもは、周囲の環境(人やモノ)とかかわり合いながら育っていきます。子どもの豊かな育ちを支えるために、私たちはどのような環境をつくる必要があるのでしょうか。特に「表現」「音・音楽」をキーワードとして考えてみます。赤ちゃんが身近なモノや音と出会い、他者とのかかわりを通して経験を深め、やがて楽器などの音楽的な経験へと向かっていく-その発達の道筋を、ワークショップによって実際に体験してみましょう。

  • 【09】「色」のバリアフリー-みんながわかる表現の工夫-

    人の役に立つ芸術文化学群 専任講師 / 向坂 文宏

    生活の中のさまざまなところで見ることができる「バリアフリー」。高齢者や障がいをもった人などが、支障なく生活を送る上で、障害となっているモノやコトを取り除くために行われている施策です。例えば、階段への手すり、段差のない歩道などが挙げられます。平面デザインの分野でも同様のことが考えられ、実施されています。今日は、人の視覚に対する「色」のバリアフリーについて、理解を深めたいと思います。

  • 【10】だれでも、どこでも参加できる、新しいアートのあり方が社会の課題を解決する!?

    人の役に立つ芸術文化学群 准教授 / 稲田 奈緒美

    音楽、演劇、ダンスなどのアートは何のためにあるのでしょう。プロの演奏家、俳優、ダンサーが作品をつくり、好きな人に見て、聞いてもらう。それが一般的なアートのあり方でした。ところが近年、高齢者や障がいのある方などが、自ら参加するアートが注目されています。なぜなら普段アートに接する機会のない人がアートを楽しむことで、人も街も元気になっていくからです。そんな新しいアートのあり方を一緒に考えてみましょう。

●今からはじめるAO・推薦対策セミナー

11:00〜11:45 / 12:00〜12:45 / 13:00〜13:45※いずれの回も同じ内容です

AOや推薦入試は、高校1・2年生のときにどのような学びや活動をしたかが合否の鍵を握ります。このセミナーでは、具体的にどうすればいいのかをしっかり考えます。

桜美林大学を知るプログラム

「桜美林大学ガイダンス」「入試個別相談」
「学群個別相談」「キャンパスツアー」

桜美林大学のことがよくわかる「桜美林大学ガイダンス」をはじめ、入試や学群について個別に相談できる「個別相談」、町田キャンパスの施設や雰囲気がよくわかる先輩学生による「キャンパスツアー」も常時開催しています!

SCHEDULE

どのプログラムも「予約不要/参加費無料」なので
参加したいプログラムに合わせて好きな時間に来てOK!

2018.8.19 SUN 10:00〜15:00

このイベントは高校1・2年生向けです

※ミライガクは5つの時間帯で10プログラムのいずれかが開催されます。
各プログラムの開催時間や教室については当日のプログラム案内でご確認ください。なお、各回のプログラムは同じ内容となります。

自分探しに行く1日

高校1・2年生向け

会場:桜美林大学町田キャンパス アクセス

予約不要 / 参加費無料

参加のお申し込みは不要です。
当日のプログラムに合せて好きな時に来て、好きな時に帰れます!

パンフレットを見る(PDF)

高校生応援プロジェクト

桜美林大学は、「高校生応援プロジェクト」として、
高校生がさまざまな力を身につける学びや経験の場となる9つの体験型プログラムの「じぶん探究プログラム」と
「AO・推薦準備セミナー」を企画しています。

このイベントに関するお問い合わせはこちらから

桜美林大学インフォメーションセンター
お問い合わせ(フォームへ)
TEL: 042-797-1583
[平日]9:00〜18:00 / [土]9:00〜17:00
[日・祝日]10:00〜17:00
E-Mail: info-ctr@obirin.ac.jp

あなたにあったイベントを見つけて参加してみよう!

  • ここにくれば全部わかる!
    私が変われば、世界が変わる。OPEN CAMPUS

    まずは桜美林大学に来てみてください!
    体験授業やキャンパスツアーも!

  • 将来と向き合うきっかけに!
    高校生応援プロジェクト

    まだ気付けていないあなたの魅力や興味関心を探すお手伝いをします!

  • キャンパスライフが見れる!
    学校見学

    学内の施設や様子、サークル活動など
    普段の桜美林大学が覗き見れる!

  • 遠方の方でも相談できる!
    進学相談会

    学校に来れない方でも!全国で入試や
    大学生活などいろいろ相談できる!

その他のイベント
ページTOPへ