ビジネスマネジメント学群 オンライン公開授業

ビジネスマネジメント学群 オンライン公開授業

5名の教授による
9つの授業に
参加できる!

実際の授業にオンラインで
参加することで
ビジネスマネジメント学群の
特徴をより理解できます!

日時 2019年9月~2021年1月の平日のみ
定員 なし※一部授業定員あり
受付期間 授業日4日前17時まで(年末年始除く)
参加費 無料
会場 オンライン上(予約はMYPAGE+から)

教員・授業紹介

宮本 文幸マーケティング、流通

資生堂で約20年間マーケターの実務(商品・ブランド企画・開発、プロモーション、市場調査、新規事業開発、ブランド・ポートフォリオ戦略など)を経験。日本マーケティング塾特別講師、経営学博士(愛知大学)、2018年から桜美林大学ビジネスマネジメント学群(准教授)。

研究について

商品パッケージの消費者効果や口コミなど。パッケージとの接触だけで大ヒットする商品の消費者心理メカニズムを研究。消費者は潜在意識で化粧水のボトルを「顔」として認識したり、デザインやネーミングなどで象徴されるイメージ・モチーフに触発されていることなどを解明。

教育について

学生の皆さんの知的好奇心を刺激する授業、有名企業とのコラボレーション(実務課題の解決策を学生が探求するPBL)などを採り入れたアクティブ・ラーニングを重視しています。

授業名
(時限)
マーケティング理論火曜2限・金曜1限
授業紹介 マーケティングの基礎として、その定義や分類、戦略、プロダクト・マネジメント(環境分析と市場機会の発見/対象市場の選定/戦略・計画/実行評価・管理)およびマーケティング・ツールなどについて学習する。
注意事項 ●10月13日、10月30日は参加不可
●授業中にグループワークを実施することがある
●パソコンでの参加を推奨(ネットの動画やPDF資料参照のため)
授業名
(時限)
マーケティング戦略論火曜2限・金曜1限
授業紹介 消費者行動論、ブランド論、グローバル・マーケティング論など、マーケティングの応用的な理論と手法・知識を学ぶ。豊富な事例を通して考える。
注意事項 ●12月4日、1月12日は参加不可
●授業中にグループワークを実施することがある
●パソコンでの参加を推奨(ネットの動画やPDF資料参照のため)
授業名
(時限)
ブランド論金曜5限
授業紹介 ブランドは商品だけでなく、サービスや地域、個人にまで広がっている。コカ・コーラ、ユニリーバ、ディズニーなどの事例・映像を豊富に採り上げ、数名単位のグループワークを通じてブランド論の基本を学ぶ。
注意事項 ●11月13日、1月8日は参加不可
●1授業、20名以内を目安
●授業中にグループワークを実施することがある
●パソコンでの参加を推奨(ネットの動画やPDF資料参照のため)

岡島 眞理エアライン・ホスピタリティ

日本航空株式会社に勤務。客室乗務員として入社し、国際線乗務開始。客室訓練部教官として邦人、海外基地乗務員の育成等に従事。その後マネジャーとしてマーケティング、客室安全・サービス・運航オペレーションなど多くの部門に責任者として携わり、客室本部副本部長として約5000名所属のライン部門を統括。2020年度より桜美林大学。

研究について

ホスピタリティは、人と人が関わりを持って生きていく社会においては不可欠な要素であると認識しています。社会の様々な課題におけるホスピタリティとの関係について考察し、サービスシーンにおけるホスピタリティの発揮について研究しています。

教育について

ホスピタリティとサービスの違いは?またエアラインで発揮されるホスピタリティを中心に、その奥深さを一緒に考え、体験し、将来に役立てることができるような内容を目指したいと思います。

授業名
(時限)
特別講義Ⅳ(ホスピタリティ・企業戦略論)火曜2限
授業紹介 エアラインを始めとする様々な業界における事例を通じて、ホスピタリティとは何か、サービスとの違いやこれからの時代のホスピタリティのあり方について考えていく授業です。
注意事項 ●11月24日、12月8日はグループワーク(発表含む)予定
●パソコンでの参加を推奨(ネットの動画やPDF資料参照のため)

渡辺 康洋観光学、観光ビジネス経営

旅行会社の近畿日本ツーリストで約25年間勤務し、ツアーの企画・営業、添乗業務、インバウンドガイド業務などを担当。その後、富山大学芸術文化学部教授を経て、2013年から桜美林大学ビジネスマネジメント学群教授。全国通訳案内士、総合旅行業務取扱管理者、英検1級、TOEICスコア975。

研究について

観光は人々が楽しみや感動を求めて行う行動ですが、その行動は、周囲の社会や人々に対し様々な影響を与えます。観光の持つ幅広い力を地域の活性化につなげてゆくための方策や課題、特に観光ビジネスとのかかわりについて研究しています。

教育について

誰もが経験をしている身近な「観光」を、科学的に分析していくことの楽しさを皆さんに味わってもらいたいと思っています。意識せずに行っている行為が意外な影響を与えているということにきっと感動します。

授業名
(時限)
観光リゾート開発論月曜4限
授業紹介 「リゾート」という観光形態の生い立ちと特徴を把握した後、世界の有名リゾート地やリゾートホテルを研究しながら有効なリゾートのあり方を探る。また導入予定の統合型リゾート(IR)について客観的な知識を得る。
授業名
(時限)
ニューツーリズム論木曜1限
授業紹介 観光ビジネスの発展により観光が一般化しマスツーリズムに至った経緯を理解し持続可能な観光を実現するニューツーリズムの現状や課題を知る。又、エコツーリズムの理念を確認した上でエコツアーの企画方法を学ぶ。

山口 有次レジャー施設、レジャー産業、レジャー行動

複数の研究所・コンサルタント企業で、各種調査・計画立案などを担当するなか、1990年から『レジャー白書』のレジャー関連市場動向の執筆に携わっています。2006年から桜美林大学ビジネスマネジメント学群の助教授となり、現在は教授、そして、ビジネスマネジメント学群長をしております。早稲田大学大学院博士課程修了。博士(工学)。専門は、レジャー施設・レジャー産業・レジャー行動。

研究について

エンターテインメントやレジャー(例えば、音楽、映画、アニメ、コンサート、ゲーム、スポーツ、ホテル、外食など)の産業動向を研究しています。テーマパークの研究も行っており、『ディズニーランドの空間科学』を執筆しました。桜美林大学ディズニー研究会の研究指導も行っています。

教育について

エンターテイメントやレジャーは「人を楽しませる」「人を幸せにする」ビジネスです。それが、どのように成り立ち、どのような変化を遂げているか、どのような工夫が見られるかを知り、今後を展望することは、自分の進路を定める上でも役に立ち、将来携わる仕事にも活かせることでしょう。

授業名
(時限)
レジャー産業論月曜1限
授業紹介 レジャー産業の成り立ちと構造、個別産業分野の歴史と業界概要、需要動向、経営動向、今後の展望や課題などを学習する。
授業名
(時限)
カルチャー・エンターテイメント産業論金曜3限
授業紹介 音楽、書籍・雑誌、映画、演劇、テレビ、写真、ゲーム、カラオケ、ミュージアム、スポーツ観戦といった産業について、それぞれの業界概要、需要動向、経営動向、今後の展望や課題などについて学習する。

大塚 誠ビジネス法

研究者教員。学生時代には元WTO上級委員の松下満雄教授に師事。主たる研究領域は競争法、その「裏返し」としての知的財産権法、「そっち側ではない方の裏返し」としての消費者法。2001年より桜美林大学経営政策学部(現・ビジネスマネジメント学群)に奉職、2018年から教授。

研究について

日本の「競争法」である独占禁止法と、それを補完する消費者法を主たるフィールドとして研究活動を行っている。個々の裁判事例の背景にある「語られざる共通のルール」を発見し、それを言葉にして形式知化する活動が中心である。

教育について

学生たちが将来管理職になるか又は起業して、自分のビジネス活動が「違法でない」ことを自力で確認する必要が生じたとき。また、消費者としてトラブルに巻き込まれたとき。この二つの場面で役に立つような知識を提供するのが、ビジネスを教える学部(学群)における法律系教員の役割だと心得ている。

授業名
(時限)
消費者法(b)金曜4限
授業紹介 「約束は守りましょう」 このルールは、疑う余地なく正しい。しかし「消費者」には、例えばクーリングオフ制度のように、このルールを無視する特権が与えられていることがある。この授業では、この消費者に与えられた特権の数々を学修していく。

ビジネスマネジメント学群とは

グローバル化するビジネスの世界で活躍するためには、国際感覚や確かな知識に基づいた発想力、
意思決定力が必要です。ビジネス全般を幅広く学ぶ「ビジネスマネジメント学類」(8プログラム)と
航空業界を深く専門的に学ぶ「アビエーションマネジメント学類」(2コース)があります。
国内外での実習やインターンシップなど、豊富な実践的学びを通して、
それぞれの分野でグローバルに活躍できるスペシャリストをめざします。

  • Point 1

    現役の実務家教員が
    指導

    ビジネスマネジメント学群には、多彩な業界で実務経験を積んだエキスパート教員が多数在籍しています。実際に仕事をする上での醍醐味、大変さをリアルにイメージすることができます。

  • Point 2

    ビジネスの実務を模擬体験
    できる授業が豊富

    ビジネスの実務を模擬体験できる授業など、学生たちが、志望する業界で働く自分の姿を具体的に思い描けるようなプログラムを豊富に用意しています。

  • Point 3

    企業との連携による
    実習・研修プログラムが充実

    企業との連携による実習・研修で社会人になるための心がまえやマナーなどを習得。あらゆる側面から学生のキャリアデザインをサポートしています。

ビジネスマネジメント学群について詳しく見る

こういう人にオススメ!

  • グローバルな
    ビジネスに憧れる人
  • 航空ビジネスの世界で
    羽ばたく夢を
    描いている人
  • 人をもてなし、
    喜んでもらえることに
    幸せを感じる人

ビジネスマネジメント学群の、授業にオンラインで参加ができる
公開授業にぜひお越しください。

お問い合わせ

桜美林大学インフォメーションセンター
お問い合わせ(フォームへ)
TEL: 042-797-1583
[全日]9:00〜16:00
E-Mail: info-ctr@obirin.ac.jp

あなたにあったイベントを見つけて参加してみよう!

  • 自宅から参加できる!
    オープンキャンパス「オンライン開催」

    開催10/31、11/1、11/23

    11月もオンライン開催!入試個別相談会、進学相談会・入試直前説明会など!

  • 5名の教授による9つの授業!
    ビジネスマネジメント学群 オンライン公開授業

    開催平日のみ

    実際の授業にオンラインで参加することでビジネスマネジメント学群の特徴を理解できる!

  • 実際の授業に参加できる!
    GC学群OPEN DAY

    開催11/23

    グローバル・コミュニケーション学群の
    ネイティブの先生によるミニ体験授業を開催!

  • 将来と向き合うきっかけに!
    ディスカバ!

    開催通年

    桜美林大学は高校生のためのキャリア支援プログラムをオンラインで開催します!

  • 自分対策が入試対策に!
    総合・推薦型入試準備セミナー

    開催※終了しました

    まだ気付けていないあなたの魅力や
    興味関心を探すお手伝いをします!

  • ここにくれば全部わかる!
    私が変われば、世界が変わる。OPEN CAMPUS

    開催※中止

    まずは桜美林大学に来てみてください!
    体験授業やキャンパスツアーも!

その他のイベント
ページTOPへ