心理職初の国家資格
「公認心理師」が誕生します!!

心理職初の国家資格である「公認心理師」が誕生します。「臨床心理士」などさまざまな心理職の資格が既にありますが、これらは民間団体が認定する資格です。「公認心理師」は国家資格なので、この点が大きく異なります。

すでに多くの心理職が民間資格を持って専門業務を行っていることから、公認心理師しかできない仕事が急にできるわけではありません。しかし今後は、病院や企業、学校や公的機関などの心理職の採用の際には「公認心理師を有すること」という条件が付けられる可能性が高いと考えられ、公認心理師の活躍の場が広がると予想されます。

心理職の主な仕事は、心理支援が必要な方を理解し、適切な相談、助言、指導を行うことです。専門的な知識や技術の修得はもちろん、人間的な成長も大切です。充実した大学生活を送り、さまざまな経験を積みましょう。

公認心理師の主な活動内容と活躍の場とは?

公認心理師の活動内容

1.心理支援が必要な人の状態の観察,結果の分析
面接、観察、心理テストなどの結果から本人の心理状態、性格傾向などを理解します。
2.心理支援が必要な人の相談、助言、指導
心理相談、カウンセリングと呼ばれるものとほぼ等しい内容です。
3.心理支援が必要な人の関係者の相談、助言、指導
例えば、家族など、支援が必要な方の近くの方の相談に乗ることもあります。悩みを抱える生徒を担当する先生、悩みを抱える部下の上司への助言も含まれます。
4.心の健康に関する教育と情報の提供
例えば、学校で「心の健康」に関する講演を行うことや、企業の社内報などにおいて「心の健康」に関する情報提供を行うことが含まれます。

活躍が期待される5領域と主な職場

医療・教育・産業・福祉・司法の5領域で、心理支援の専門職としての活躍が期待されています。それぞれの領域に共通して、他の専門職との連携・協働が求められます。

ページTOPへ