That's Obirin LifeObirin Life Blog

That's Obirin LifeObirin Life Blog

学生ブログ
2018.6.30

教育実習で学んだこと

皆さんこんにちは、リベラルアーツ学群 社会学専攻・教職課程登録4年奈良原宇一です。
突然ですが、桜美林大学では教員免許が取れることをご存知でしょうか?
本学では、国・数・英・社・理の5教科と美術・音楽・保健体育・情報・中国語の教員免許の取得が可能です。

私は社会科の教員免許を取得するために勉強をしています。
免許を取得するためには、決められた単位を取得し、実習に行かなければなりません。

そして、今年の6月4日~22日の期間で都内の中学校へ教育実習に行ってきました。
具体的に実習では、担当のクラスを持ち学活などのクラス運営をしながら自分の専門教科の授業を実際に行います。
また、空き時間などは生徒の提出物のチェックや授業準備、現場の先生の授業参観をしていました。

3週間行ったうちの1週目は体育祭だったのでその運営にも実際に携わりました。
毎日が発見と感動と学びの繰り返しでした。すべてをここに綴ってしまうと長くなるので止めておきます。

実習で一番学んだことは、授業とは教師だけが作るものではなく生徒と教師が作り上げていくものだと気づかされました。
どんなに知識が豊富な先生が授業を行ったところで、生徒との信頼関係が築けなければ意味がありません。
中学生くらいの年の子供たちは大人の姿に敏感です。
どのような表情をしているかどのように話しているか、誰を見ながら話しているか全て観察しています。
それに気づかず講義形式の自分が満足するだけの知識の押しつけなど誰も聞いてはくれません。

だからこそ、生徒たちと深くかかわり生徒は教師がどのような人間なのかを理解し、
教師がクラスの子たちはどのような子たちなのかを相互理解したとき、ようやく授業が完成されるのです。
私自身も生徒たちを理解し、また理解してもらうために1秒でも時間があれば生徒とかかわる時間を作りました。
その結果、最後の研究授業では生徒たちが協力してくれたおかげで無事に終えることができました。
授業や先生という仕事に限らず人とかかわる仕事や人を相手にしているときは、
まずお互いが信頼しあえる関係を築いていくことが大切なのだとこの実習で学びました。

そして、3週間とても素敵な毎日を過ごすことができました。一生の思い出です。

Share this Blog!この記事を友達に教える!

初めての留学

2018.6.20

Obirin Life Blogの
一覧に戻る

「あなたは何しに桜美林へ?」

2018.7.10

学生ブログの最新記事一覧

オープンキャンパスで多くいただく質問

2021.10.12

みなさんこんにちは! リベラルアーツ学群3年の増澤麻友です。 今年のオープンキャンパスも終わってしまい、本格的に秋になってきましたね。みなさんと会える機会が減ってしまうのは少し寂しいですが、受...

NO IMAGE

受験体験記!(センター試験)

2021.9.14

こんにちは。 桜美林大学リベラルアーツ学群2年、太田大翔です。 秋ですね。 そろそろ受験勉強が本格化してきているのではないでしょうか。 過去問を解いたり、模試を受けたり、教科書ノートを...

NO IMAGE

「オンラインで変化した事」

2021.8.31

皆さんこんにちは! リベラルアーツ学群4年 新居知美です。 残暑続く今日この頃ですが、 皆さん、夏に楽しみにしていることはありますか? 私は映画が好きなので、友人にお勧めされたものや気...

大学の授業とは

2018.9.30

こんにちは!リベラルアーツ学群2年の増田健宏です! 今回は二本立てです!今回は高校の授業とは違う 「大学の授業」について少しお話していきます。 まず、大学と高校で授業がどのように違うか簡...