在留手続について

A:入学手続時に既に日本国内に居住し、「留学」の在留資格を有している場合

出入国在留管理局にて在留資格「留学」を更新(または「留学」へ変更)する場合は、大学が発行する所属機関用の入管所定書類が必要となります。当該書類が必要な方は、「入学許可証」を受領後、事前に下記のキャンパス事務室(国際交流担当)にお問い合わせの上、「在留カード」「パスポート」「現在所属学校の学生証」「桜美林大学入学許可証」を持って、大学窓口へお越しください。
留学生特別選抜で入学手続された方には、「入学許可証」を大学から発送いたします。
それ以外の選抜で在留資格「留学」を更新するために「入学許可証」が必要な方は、インフォメーションセンターまでご連絡ください。

《入学手続時に既に日本国内に居住し、「留学」の在留資格を有している方のお問い合わせ先》

■ビジネスマネジメント学群以外:町田キャンパス事務室(国際交流担当)
TEL:042-797-5419(平日9:00~17:00)/E-MAIL:inbound@obirin.ac.jp

■ビジネスマネジメント学群:新宿キャンパス事務室(国際交流担当)
TEL:03-3366-0201(平日9:00~17:00)/E-MAIL:sjk_info@obirin.ac.jp

B:入学手続時に日本国外に居住し、在留資格を有しない場合(日本に居住していない者)

※出願書類で在留資格認定証明書 大学代理申請願を提出された方が対象です。

所定の期日までに入学手続を完了した者は、本学による「在留資格認定証明書」(「留学」)の代理申請を選択することができます。通常、「在留資格認定証明書」の審査には2ヶ月程度の時間を要しますので、代理申請を希望する場合は、入学手続締切日にかかわらず、速やかに入学手続時納付金の振込を済ませ、以下の手順で申請してください。

申請手順

1、必要書類を入学部に提出 下記の「代理申請に関する必要書類」を参考に書類を用意し、
入学部まで提出してください。
メール送信先:global_ad@obirin.ac.jp

※メールの件名に「受験番号〇〇〇在留資格認定証明書の必要書類」と入力してください。

提出期限:入学手続締切日

2、入学部から書類を受領 本学で東京出入国在留管理局に代理申請を行います。
「在留資格認定証明書」が発給されたら、申請者本人宛に送付いたします。
3、本国の日本国大使館・領事館で「留学」ビザ(査証)を取得 速やかに本国の日本国大使館または領事館にて、
「留学」ビザの発給申請手続きを行ってください。

代理申請に関する必要書類

下記の必要書類を用意し、提出先アドレスまで送付してください。
書類に不備があると、出入国在留管理局での「在留資格認定証明書」の発給までに時間がかかりますのでご注意ください。

①「在留資格認定証明書交付申請書」(手書き不可)

→必要事項を入力してください。(項目番号9, 11, 13, 14,21,28, 29は入力不要)
→項目番号3の氏名については、パスポートどおりに入力してください。
→項目番号5の出生地については、「○○省○○市」まで入力してください。
→項目番号8の本国住所については、「在留資格認定証明書」を送付する住所になりますので、詳細に、間違えのないように入力してください。
→項目番号26(3)③の職業については、会社員の場合には銀行勤務、食品会社勤務等、自営業の場合にはホテル経営、飲食店勤務等、事業内容がわかるように記載してください。
→項目番号26(3)④の年収については、換金レートを記載の上、日本円で記載してください。(例:300万円(1元=16円)、300万円(100ウォン=10円))
→所属機関用1,2は桜美林大学が作成しますので、記入不要です。
※在留資格認定証明書交付申請は、入学手続きが完了していることが確認でき次第、手続きを行います。入学手続き、データ提出の期限は厳守してください。
※在留資格認定証明書交付申請が必要ない場合(二重国籍など)は、その旨についてもメールにてご連絡ください。

②パスポートの顔写真と名前が載っているページのスキャンデータ

①②の提出締切日:入学手続締切日
提出先:global_ad@obirin.ac.jp

③「留学生用予防接種歴フォーム(ImmunizationHistoryForm)」
「留学生用予防接種歴フォーム」は、医師が記入したものをスキャンして、メール添付にてご提出ください。

提出締切日
9月入学者選抜→2021年7月31日
2021年12月末までの試験→2022年1月31日
2021年3月中旬までの試験→2022年3月31日
提出先:global_ad@obirin.ac.jp

注意事項

1.本学が代理申請をする在留資格の種類は「留学」です。その他の在留資格に申請される場合は、ご自身で申請を行ってください。
2.本学への入学を辞退する場合は、至急「在留資格認定証明書」を返送してください。
3.他大学にも合格した場合、「在留資格認定証明書」の交付が重複しないように注意してください。重複している場合は、証明書は交付されません。
4.書類に不備がある場合は、「在留資格認定証明書」の代理申請はできませんので、不備がないようにご注意ください。なお、必要に応じて、出入国在留管理局より追加書類が要求されることがあります。
5.在留資格審査は法務省出入国在留管理局が行うため、交付が遅れる場合や不許可となった場合、本学は一切の責任を負いません。

《入学手続時に日本国外に居住し、在留資格を有しない方のお問い合わせ先》
入学部:global_ad@obirin.ac.jp