入試情報奨学金

奨学金や教育ローンについて

学生の経済的支援、学業奨励を目的として、以下のような奨学金制度があります。
なお、奨学金の「貸与」とは返還義務のあるものです。各奨学金の趣旨などをよく理解した上で出願してください。
奨学金の窓口は学生生活支援課(明々館2階)です。

グローバル人材育成奨学金 [全学群対象・30人]

全学群対象30人
AO入学者選抜第1回・一般入学者選抜前期の「グローバル人材育成奨学生選抜」の成績上位者を対象に
30人まで授業料減免と渡航支援費給付。継続審査あり。

世界が大きく変化を続ける中で、グローバルな社会に必要な語学力と海外経験を兼ね備えた人材を育成するプログラムが経済的支援とセットになった制度(奨学金制度)です。奨学生として採用された場合、入学後、大学が指定する語学プログラムや2年次秋からの1学年間留学へ参加し、卒業時にTOEIC®800点以上の獲得を目指します。各学期の授業料30%減免(最大4年間)に加え、留学時の渡航支援費(渡航時1回限り)として75万円を給付します。奨学金継続には学期ごとに審査があります。ただし、年額10万円以上の他の学内給付型奨学金との併給はできません。

申請方法 AO入学者選抜第1回(グローバル人材育成奨学生選抜)及び
一般入学者選抜前期(グローバル人材育成奨学生選抜)に出願すること
対象学群 全学群(ただし、フライト・オペレーションコースは除く)
採用予定者数 合計 30人
備考 グローバル・コミュニケーション学群については、英語特別専修を希望する学生のみ対象となります。
関連リンク

AO入学者選抜<グローバル人材育成奨学生選抜>の募集要項はこちら (PDFファイル)

一般入学者選抜<グローバル人材育成奨学生選抜>の募集要項はこちら (PDFファイル)

グローバルな人材を育成するプログラム※

語学力を徹底的に鍛える

●英語パスポートコース

最大10人の少数精鋭クラス。正規留学に必要な英語能力試験対策を手厚くサポート。留学先の英語での正規授業に即対応できる実践的な教育を展開。

海外での経験を積む

●Sophomore Year Abroad(SYA)プログラム

2年次の秋学期より海外提携校で1学年間の正規留学を行います。主に英語を使って現地の大学生と一緒に大学の学部授業を履修します。

語学力を徹底的に鍛える

●英語エレクティブ(任意)

TOEIC®やTOEFL®等の資格対策やコミュニケーションスキルを向上。学習目的とレベル(初級~上級)に応じたクラス分けがされており、語学力の維持・向上に最適なプログラムです。

奨学金

※資格取得や、教員免許状(幼稚園教諭を含む)取得を希望する場合には、4年間で卒業できない場合があります。
詳細につきましては、インフォメーションセンターまでお問い合わせください。

グローバル人材育成プログラムと奨学金を活かした4年間のモデル

※グローバル人材育成奨学生として入学した場合は、リベラルアーツ学群、ビジネスマネジメント学群、芸術文化学群の「グローバル・アウトリーチプログラム」には参加することはできません。

学而事人(がくじじじん)奨学金 [全学群対象・30人]

全学群対象30人
「学而事人奨学金」制度に事前申請をし、採用候補者として認定された者のうち、一般入学者選抜前期 (学而事人奨学生選抜)の成績上位者を対象に30人まで最大4年間20%の授業料を減免。継続審査あり。
各学期授業料最大4年間 20% 減免
学業成績が優秀であるにもかかわらず、経済的理由で進学が困難な学生に対して経済的支援を行う予約型の奨学金制度です。一般入学者選抜前期の出願前に奨学金を申し込み、合格発表前に入学後の授業料減免を約束するものです。各学期の授業料20%減免することで、入学から卒業までの最大4年間を支援する奨学金制度です。奨学金継続には学期ごとに審査があります。ただし、年額10万円以上の他の学内給付型奨学金との併給はできません。
事前申請11月1日(火)~ 30日(水)
採用候補者決定12月15日(木)
一般入学者選抜 受験2月1日(水)、2日(木)
申請方法 一般入学者選抜(学而事人奨学生選抜)に出願すること
対象学群 全学群(ただし、フライト・オペレーションコースは除く)
採用予定者数 合計 30人
備考 本奨学生選抜に出願される方は、グローバル人材育成奨学生選抜への出願はできません。
関連リンク

学而事人奨学生選抜 募集要項はこちら (PDFファイル) 

学而事人奨学生選抜 事前申請書はこちら (PDFファイル) 

一般入学者選抜の募集要項はこちら (PDFファイル)

私費留学生奨学金 [全学群対象・若干名]

全学群対象若干名
留学生入学者特別選抜の「私費留学生奨学生選抜」の合格者を対象に最大4年間50%の授業料減免。
継続審査あり。
各学期授業料最大4年間 50% 減免
留学生を対象とした奨学生選抜です。学業成績が優秀であるにもかかわらず、経済的理由で進学が困難な留学生に対して経済的支援を行う奨学金選抜です。奨学金の対象者となった場合、入学手続きをする際に授業料が減免されます。奨学金継続には学期ごとに審査があります。ただし、文部科学省外国人留学生学習奨励費と同額以上の学内・他団体奨学金との併給はできません。
申請方法 留学生入学者特別選抜に出願すること
対象学群 全学群(ただし、フライト・オペレーションコースは除く)
採用予定者数 若干名
関連リンク

詳しくは学生募集要項をご確認ください。  (PDFファイル) 

アスリート人材育成奨学金 [全学群対象・若干名]

全学群対象若干名
全国レベルで活躍し、優れた才能を有しているスポーツアスリートを対象とし、
各学期の授業料を一部減免することで入学から卒業までの最大4年間を支援する奨学金制度です。
これまでの学業・課外活動の成果や経験を大学4年間の学習活動に活かしたいなどの意欲と自身が志す分野で幅広く国際人として活躍したいと明確な目標を持ち、特に全国レベルで活躍し、優れた才能を有しているスポーツアスリートを対象とし、各学期の授業料を一部減免することで入学から卒業までの最大4年間を支援する奨学金制度です。奨学金継続には学期ごとに審査があります。ただし、年額10万円以上の他の学内給付型奨学金との併給はできません。
申請方法 AO入学者選抜(スポーツ選抜)に出願すること
対象学群 全学群(ただし、フライト・オペレーションコースは除く)
採用予定者数 若干名
備考 特別強化クラブ入部希望者のみ対象となります。
※詳細は特別強化クラブに直接お問い合わせください。

学業優秀者奨学金 [全学群対象・各学年18人]

全学群対象各学年18人
学士課程2~4年次生が対象で、在学中の学業成績が特に優秀な学生に対して、各学年18人、1人につき10万円を給付します。ただし、年額10万円以上の他の学内給付型奨学金との併給はできません。(桜美林大学操縦士養成奨学金は除く)
申請方法 在学中、所定の申請方法にて申請すること
対象学群 全学群
採用予定者数 各学年 18人

【貸与】日本学生支援機構奨学金

独立行政法人日本学生支援機構(旧日本育英会)が運営する奨学金制度で、人物・学業ともに優れ、 経済的理由により修学が困難な学生に対して、奨学金が貸与されます。

独立行政法人日本学生支援機構 

在学採用

新規申し込みは毎年1回で、4月に新規申し込み説明会を行いますので、奨学金を希望する学生は必ず出席してください。

奨学金の種類

第一種奨学金(無利子)

特に優れた学生で、経済的理由により著しく就学が困難な人に貸与します。
・自宅 30,000円・54,000円から選択
・自宅外 30,000円・64,000円から選択

第二種奨学金(有利子)

第一種奨学金より緩やかな基準によって選考され、在学中は無利子、卒業後は年3%を上限とする利子がつきます。
・月額30,000円、50,000円、80,000円、100,000円、120,000円から選択

入学時特別増額貸与奨学金(有利子)

入学時において、入学月を始期として奨学金の貸与を受ける人に対して、希望により入学月に一時金として貸与する制度です。(条件あり)
・10万円・20万円・30万円・40万円・50万円から選択

予約採用

高等学校等で事前に申し込みを行い、採用候補者として決定した人が大学入学後に所定の手続きをとることで奨学生として採用されます。大学入学後も在学採用で申し込みは可能ですが、採用数に限りがありますので、予約採用の利用もご検討ください。大学入学後の手続きについては新入生発送物同封の案内をご確認ください。

緊急採用・応急採用奨学金

主たる家計支持者の失職・破産・病気・死亡等または災害等により家計が急変し緊急に奨学金が必要となった場合には、緊急採用(第一種)、応急採用(第二種)に申し込むことができます。(ただし、事由発生から1年以内。) 希望者は直接学生生活支援課窓口にご相談ください。

所得連動返済型の無利子奨学金制度について(第一種奨学金対象)

第一種奨学金に採用された学生の中で、家計状況が特に厳しい世帯(給与所得世帯の年収300万円以下相当)を対象とし、採用者本人が貸与終了後に一定の収入を得るまでの間、返還期間を猶予する制度です。対象者は基準に合致する学生を日本学生支援機構が独自に選定しますので、本制度への申し込みは必要ありません。

その他の奨学金

上記のほかに、地方公共団体、民間育英団体、外国人留学生向け奨学金などがあります。

フライト・オペレーションコースの奨学金[操縦士養成奨学金]

フライト・オペレーションコースでは「操縦士養成奨学金」を設け、操縦士資格取得を目指す学生を
支援しています。最大で総額2,000,000円の奨学金が給付されます。

時期 1年次秋学期開始時の1回
給付額 500,000円
時期 渡航期間(2年次秋学期~3年次秋学期)
給付額 1,500,000円(500,000円×3セメスターの渡航期間)

教育ローン

国の教育ローン(日本政策金融公庫)

教育のために必要な資金を融資する公的な制度です。入学時や在学中の費用として、幅広く使うことができます。

日本政策金融公庫

銀行提携 桜美林学園教育ローン

本学には、銀行と提携した教育ローンがあります。
銀行のローン担当窓口にて融資の申し込みをしてください。不明な点は、本学の学生生活支援課までご照会ください。

オリエントコーポレーション 「学費サポートプラン」

利用対象:桜美林大学に納付する入学金、授業料等
融資限度額:10万円以上700万円以内(累積合計額)
お問い合せ:学費サポートデスク TEL.0120-517-325(受付時間 9:30~17:30)

ジャックス 「教育ローン」

2016年4月入学者より株式会社ジャックスの教育ローンも利用が可能となりました。

ジャックスの教育ローン 

ページTOPへ